適した人適さない人

誰にでもオルソケラトロジー治療が適しているとは言えません。

具体的には、

  • キツイ近視や乱視の人
  • 遠視の人
  • ドライアイの人
  • 眼に伴う病気がある人
  • 医師による使用方法を守れない人
  • 医師による診断で使用ができないと判断されたとき

このような方はオルソケラトロジー治療が難しいと考えてください。

しかし、その判断は難しいので、医師の診察を受けて判断してもらいましょう。
例えば、角膜が活発な人ならキツイ近視の人でも視力が回復できる場合などがあります。
ドライアイの人の中でも軽いドライアイであるなら使用が可能となることもあります。

上記以外にもコンタクトレンズ使用中の方には注意が必要です。

オルソケラトロジーによる治療の前に、ハードコンタクトレンズの使用暦があるか否か、ある場合については使用期間がポイントとなります。
長い期間ハードコンタクトレンズを使用していた方は、治療の成果が出にくくなってしまいます。
理由は長い期間のハードコンタクトレンズ使用により、角膜には習慣(癖)がついてしまっているからです。
この角膜の習慣をオルソケラトロジーの正しい習慣に修正するには、長い時間がかかることがあります。

最後に、うつ伏せで寝る習慣がある人にも問題があります。
オルソケラトロジーは特殊なレンズを装着することで角膜に正しい記憶をつけ、視力を回復させます。
このレンズがずれてしまうと治療の効果が薄れてしまいます。
つまり、うつ伏せで寝ることで、レンズが動いてしまい、中央からずれてしまうと治療の効果が得られなくなってしまいます。
このようにうつ伏せで寝る習慣がある人は矯正に時間がかかり、なかなか視力回復が出来ない人が多いようです。

以上がオルソケラトロジーの治療に適さない人ではありますが、治療による可能性はありますので一度医師の診断を受けてみてください。
また、これに該当しない方などは、オルソケラトロジーの治療により視力の回復が望める方とも言えますので、この方法による視力回復を検討してみてはいかがでしょうか。