ソフトコンタクトは目に悪い?

ソフトコンタクトレンズは目に悪いのか?そんな疑問がある方もいると思います。
目に対してどんな影響があるのか見ていきましょう。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ、比べるとすぐにわかりますが、ソフトコンタクトレンズは非常に装着感が良いと言えます。
それは、ソフトコンタクトレンズがやわらかい素材でできているため眼にフィットするからです。
しかし、この快適さが目に対してデメリットな点なのです。

ソフトコンタクトレンズの形状は目を覆っているのが特徴で、微粒なゴミが入っても気付きません。
対照的にハードコンタクトレンズでゴミが入ると痛みを生じ、ゴミが入ったことに気付きます。
この痛みがないために、ゴミによる目の危険に気付かず、細菌などが入ってしまうなど、異常な症状が出てしまう原因となります。
因みにコンタクトレンズで起こる異常は、ソフトコンタクトレンズを使用している方にとても多いのが実態です。
更に、その中でも使い捨てタイプのレンズは目への危険度が増加します。

また、ソフトコンタクトレンズは目を覆っているため、目が酸素不足となり、長い時間の使用で角膜の細胞数の減少、血管が酸素不足を防ぐため角膜の方まで伸びてきてしまうといった異常障害もあります。
けれど、ソフトコンタクトレンズの装着感の良さからこれらのデメリットを軽視して使用している方が多く、後になって目の異常を訴えるなど、障害が発症してしまう方が多くいます。

ソフトコンタクトレンズを使用する際には、医師の定期検査を受けること、レンズの装用期限に従う、コンタクトレンズのケアを怠らないなどの注意をして目の安全を確保してください。