眼鏡は近視を進行させるのか?

近視の矯正手段として一番メジャー方法はメガネです。
メガネの場合は、外したり着けたりが簡単にでき、一番手軽な矯正方法です。
しかし、メガネにもデメリットがあります。
それは近視を進行させてしまうことです。

このデメリットについての体験は、メガネをしたことがある人なら多くの方が経験しているかもしれません。
中学生や高校生になり、初めてメガネを作った方は多いと思いますが、メガネでの生活が1年、2年と経過すると、その最初に作ったメガネが合わなくなってきたなんてことがありませんか?
これは近視が進んでしまったことで、メガネの度数が合わなくなってしまうという結果です。

なぜメガネは近視を進めるのか?

メガネは眼に直接触れるものではないので、眼の角膜からレンズまでは約10mm程離れています。
最初に作ったときはこの距離だとしても、使用に応じて少しずつ変化してしまうのです。
メガネの微妙な歪みはなかなか分からないと思いますが、この歪みによりレンズと眼までの距離が変わってしまうため、ピントを合わせるのに眼に疲れが生じて、この疲れにより近視が進んでしまうという結果を伴うのです。

他の矯正手段に比べてメガネは一番身近で手軽に使えるものですが、このようなデメリットもあるので、定期的なメガネのメンテナンスを行うこと、近くを見る場合にはメガネを外すなど注意して使用しましょう。