治療の効果を考える

オルソケラトロジーの治療では、どれくらいの効果があるのかを解説します。

この治療方法では、近視の軽い人や中度の人が主な対象となっていますが、この範囲の方ですと最も早くて治療を開始してから数時間、遅い人でも治療開始から1週間くらいで効果が得られます。
また、一定の効果として継続されるには、早い人で2ヶ月までに、遅くとも半年くらいまでには裸眼で過ごせるまでの視力を得られます。
勿論、個人の差が出ますが、一定の効果が得られると、週に数回のレンズの装着だけで日中の裸眼での視力が「1,0以上」という視力が期待できる可能性もあります。

そもそも、オルソケラトロジーの治療は特殊なレンズの装着によって角膜の形を正常な形にして記憶させていく治療方法なので、治療する期間が長ければ長いほど、角膜に正常な形を記憶させることができるので、治療期間が長いとその効果が大く得られると言えます。
つまり、治療期間が短いと効果が少ないということなので、治療の開始早々は効果が安定しないので、日によって見えたり見えなかったり、朝は見えても午後は見えなくなったりと、見え方にバラつきが生じる可能性があります。

オルソケラトロジーの治療は多くの方に効果が出る治療方法ではありますが、中には効果が思うように得られない方もいます。
それは、角膜が活発に機能してない方です。
オルソケラトロジーは角膜の形を変えて視力を回復させるので、角膜が活発に機能してないと治療の効果が思うように得られないという結果になります。
角膜が活発に機能しているかどうかについては、事前に検査することが困難で、治療を始めてみないとわからないというのが現状です。
これが原因で近視が酷くない人でも治療の効果に疑問が出る人や、逆に近視のきつい方でも効果が出るという場合もあります。

多くの方がオルソケラトロジーにより視力の回復に成功している一方で、角膜の状態によっては思うような効果が得られないこともあるという事も覚えておきましょう。

また、オルソケラトロジーは近視だけでなく、遠視が軽い場合には遠視の矯正もできる可能性があります。