治療の到達点を考える

オルソケラトロジーの治療方法の限界とも言うべき治療の到達点とはについて解説します。

軽度の近視であれば、オルソケラトロジーの治療によって多くの人が視力の回復に成功しており、裸眼で過ごす生活が出来ています。
これは一つの例ですが、0.1程度の人なら1.0までの視力回復の可能性があります。

しかし、0.1以下となる近視の方になると、この治療の効果は低くなります。

つまり、オルソケラトロジーの治療はレーシック手術のような細胞を削る方法とは違うので、角膜の形を正しく治すことに限界があると言えます。
しかし、軽度の近視の人なら、レーシック手術よりも格段にリスクが低く、不安もなく安全な治療方法となります。
このように現在の研究では、オルソケラトロジー治療には限界があります。

あくまでもオルソケラトロジーは手術をしないで治療するという点でメリットのある治療といえますが、逆に削ることをしないから、極度の近視の方には効果がでないというデメリットもあります。
すなわち、もし極度の近視の方がこのような現状を理解したうえで治療に望むなら、「わずかでも視力を回復したい」「今よりレンズが薄くお洒落なメガネにしたい」などの少ない効果の範囲での可能性にかけてみてください。

上記で説明したように、現状では限界がありますが、今後の研究によっては手術をせずに近視を治す手段としての可能性は充分にあります。
つい最近までは、メガネやコンタクトレンズくらいしか近視の矯正手段はありませんでした。
そして、今ではオルソケラトロジーとレーシックという手段が開発されました。
それぞれの矯正手段にはメリットやデメリット、リスクなどがありますが、このオルソケラトロジーという更に可能性のある治療方法がこれからも研究され続けることで、極度の近視のみならず、極度の遠視などの症状を改善してくれる可能性は大きいと言えます。