レーシックとは

レーシック(LASIK)とは、Laser in Situ Keratomile usis(英語、ラテン語、ギリシア語からなる)の略語で、直訳すると「レーザー照射を、本来の場所に収まったままの眼球に施して角膜を彫り整える」という意味の言葉で、目の表面にある角膜にエキシマレーザーを照射することで角膜の曲率を変え、視力を矯正する手術のことを言います。

近視の矯正というと、眼鏡やコンタクトレンズなどを使用するのが一般的ですが、角膜の一部にレーザー光線を当てることによって、裸眼の状態での視力を向上させようという手術法で、1990年ギリシャで初めて行われたのをきっかけに、1995年にはアメリカの食品医薬品局がレーシックに用いるエキシマレーザーの使用認可を出し、1998年以降アメリカでは屈折矯正手術の主流となっています。
毎年100万人以上の患者が手術を受けており、近視の人の約1割がレーシックを受けていると言われています。

日本でも、2001年に厚生省(今の厚生労働省)がエキシマレーザーの使用認可を出し、日本の眼科でもレーシックが受けられるようになりました。
しかし、まだ歴史が浅く、安全性なども確立されていないという理由から慎重になる医師も多いです。
近年レーシック手術を行う方が増え認知されてきていますが、まだアメリカほどは定着していません。