手術までの流れ

ハードコンタクトレンズを使用している人は1週間前から、ソフトコンタクトレンズを使用している人は3日前から、それぞれ裸眼状態にする必要があります。

コンタクトレンズを使用している方は、角膜にコンタクトレンズの跡や癖がついていますので、本来の形状で検査を行うため、コンタクトレンズの未装着期間が必要となります。
手術当日、視能訓練士の資格を持つ人を中心に、通常の状態での屈折率角膜の曲率半径、角膜の形状などを測定する検査や、角膜内の細胞や角膜の厚さを測定する検査、眼圧検査、視力検査などを行った後、更に瞳孔を開く目薬を点眼し、瞳孔が開いた状態での屈折値や角膜の曲率半径などを測定、超音波で角膜の接触検査などの検査を行います。
検査の後は瞳孔が開いた状態が続くため、2~3時間はまぶしく感じられるので注意が必要です。
検査の後、眼球に異常がないかを診察し、手術に問題がなければ、手術の相談や詳しい説明などを行い、患者と医師間で合意できれば手術施行となります。

手術にかかる時間はおよそ15分程度です。
その後は15分程の安静を取ると帰宅可能ですが、翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後と手術の後も定期的に検査を受けることが大切です。