向かない人

どんな手術にも、手術に向く人と向かない人がいますが、レーシックも例外ではありません。
では、どんな人がレーシックに向いていないのでしょうか。

  • 角膜が極端に薄かったり、眼球表面のカーブが極端に急、または平坦な人。(病院によっては対応した設備を整えている病院もあります。)
  • 円錐角膜の人。
  • 網膜はく離、白内障、緑内障、結膜炎などの眼の病気にかかっている人、または以前にかかって眼球に傷がある人。
  • 感染症防止薬が服用できない場合があるので、妊娠中、授乳中の人。
  • 糖尿病、肝炎、膠原病などの内科的疾患のある人。
  • 20歳未満の人。(眼球が成長の途中なので、視力が安定してから手術を検討したほうが良いでしょう。)
  • レーシックによって悪化する可能性があるので重度のドライアイの人、特にシェーグレン症候群などの内科的な疾患によってドライアイになっている場合は、日本眼科学会のガイドラインで原則受けられないことになっています。
  • 衝撃の激しいスポーツをしている人も、衝撃などでフラップがずれたりすることがあるため、フラップを作るタイプのレーシックには向いていません。

このような方はレーシックに向かない人と言えます。
自分で判断することが難しい項目のためレーシック手術をお考えの方は医師に相談してみましょう。