手術の安全性について

レーシックが日本で認可されだした頃は、その手軽さや保険が効かないという点を利用して、知識や技術をきちんと習得していない者が治療行為をするなどという、犯罪行為も横行したことから、危険性がかなり取りざたされた時期がありましたが、今では眼科医もきちんと技術や知識も習得し、より安全に、より正確に行うことができるようになったことから、今後の生活に支障の出るような後遺症はほとんどなくなりました。

また、失明に関しては報告されていません。

ですが、やはり治療には後遺症や合併症が出るのは防ぎきることはできず、レーシックについても手術後、次のような症状が出ることがあります。

  • ドライアイ:レーシックをする前から症状のある人はレーシックは避けましょう。治療の際、涙腺も焼ききってしまいます。涙腺は3ヶ月ほどで元に戻りますが、その間、ドライアイの症状がひどく出ることがあります。
  • ハロー・グレア現象:治療によって矯正された部分と、矯正されなかった部分から入ってくる光が乱屈折することによって起きる現象で夜の街頭がぼやけて見えたり、照明が異常にまぶしく見える現象です。これは手術前の黒目のサイズも関係していて黒目のサイズが大きいほど症状が強くなります。
  • 夜間視力の低下:これも黒目のサイズが関係してくるのですが、本来人間は暗いところでは黒目を大きくしてより多くの光を集めようとします。ところが、レーシックで矯正された部分を越えてしまうほど黒目が開いた場合は、矯正された黒目の範囲の視力しか得られないため夜間の視力が低下する場合があります。
  • 白目の充血:手術後の後遺症として一時的に白目に血がたまることがありますが、1ヶ月もたてばきえるもので心配のないものが多いです。
  • 日内変動(にちないへんどう):手術後にフラップが安定していないなどの理由から、視力が日内変動することがあります。特に手術後まもなくは眼が疲れやすく、疲れると見えにくくなることがあります。手術後しばらくは眼を酷使しないことです。
  • フラップ不良:フラップの作成時にフラップが切れたり、ゆがみが生じることで起きる症状で、マイクロケラトームを使っていたときには多かった後遺症ですが、イントラレーシックという進んだ技術を使うようになってからは少なくなりました。しかし、執刀医のミスや患者の角膜の状況などによりまれに起こることがあります。この場合は数ヶ月経ってから再手術が必要になります。
  • 角膜混濁:角膜の上皮細胞が再生するときに不規則に再生してしまい、透過性が低下することによって起きます。フラップが紫外線に反応してそういった症状を起こすことがあるので、手術後しばらくは、UVカットのサングラスをつけたり、帽子をかぶるなどの紫外線対策が必要です。
  • サハラ砂漠症候群:フラップの下に砂模様のような混濁が見られる合併症で、原因は手術後の点眼薬に対する反応や角膜炎が原因で起こる現象と言われています。対処方法も原因によって変わってきます。

 

いずれにしてもどんな手術でも100%安全という手術はありません。
きちんとリスク面も知識に入れて信頼できる医師にお願いするようにしましょう。