デメリット

オルソケラトロジーには次のようなデメリットもあります。

一定のレンズの着用と、継続的な医師による定期検診が必要

レンズの着用による治療のため、手術とは違い一度だけでは治りません。
視力回復までの期間がかかりますし、また使用をやめると角膜は元に戻り視力も戻ってしまいます。
勿論コンタクトレンズと同じように洗浄するなどのお手入れも必要なので面倒とも言えるでしょう。
更に、眼に問題がないかどうか医師のチェックが必要なので定期検診が必要となります。

近視、乱視がきつい方だと矯正に限界があり使用できないこともある

メガネとは違い、オルソケラトロジーの治療は医師の許可が必要なので、誰でも治療できるとは限りません。
治療の限界があるというのは一つのデメリットです。

治療の最初の頃は効果にばらつきがある

オルソケラトロジーの治療は網膜に正しい記憶を植えつける方法なので、網膜がきちんと記憶するまでは視力が回復しても視力は一定ではなく曖昧です。
正しく網膜に記憶されるまで装着する必要があります。

コンタクトレンズの装着なので通常のものと同じく充血するなどが起こる場合がある

直接眼の中に入れるので、それに伴う問題が発生することもあります。
もし痛みなどの問題が発生した場合には、すぐに使用を止めて医師の診察を受けるようにしましょう。