オルソケラトロジーとは

視力回復をする方法といえば、多くの方がレーシックと思い浮かべるほどレーシックにより視力回復をする方が増えています。
しかし、レーシック以外にも視力を回復する治療法があります。

それがオルソケラトロジーです。

難しい言葉ですが、オルソ(ortho)=矯正、ケラト(kerato)=角膜、ロジー(logy)=学問という意味です。
つまり、角膜を矯正して視力を上げるという意味です。
この治療方法は、就寝してからの睡眠中に特別なコンタクトレンズをつけて、角膜を矯正して視力を治すという治療法ですので手術の必要はありません。

具体的に説明すると、近視の人が視点が合わず見えにくくなる理由としては、本来目から入る光は網膜に集まります。
これが網膜より前のところに集まってしまうと光が屈折してしまい、異常がおこり、ピントが合わなくなります。
この異常を治す、要は目に入った光が網膜に集まるようにすれば、ピントが合い近視が治ります。
オルソケラトロジーはこの異常を治す治療となります。

その方法として、寝ているときに特別なレンズを装着しますが、このレンズの仕組みは、レンズの中央を平べったくしてあります。
平べったいレンズをつけると角膜の表面に力が加わり、角膜の中心も平らとなるため、光の進み方が変わるため視力が向上します。
角膜は活発に活動する組織なので、形が変わりやすく、寝てる間にレンズを装着することで、その正しい光の進み方を記憶します。
この正しい記憶を覚えることで、レンズを外した後も光の屈折が正常となり視力が回復するということです。

レーシックを行うか迷っている方は手術がない分、オルソケラトロジーは安心してご利用できると思いますよ。